中性脂肪ってなに!?効果的に減らす方法ってあるの?

私たちの体のなかには、大きく分けて4種類の脂肪が存在しています。そのひとつに中性脂肪というものがあり、全体のなんと90%を占めているのです。

でも、実のところ中性脂肪ってどんなもの?そこをしっかり押さえておくと、効果的に減らすことも可能なはず!

さっそく中性脂肪について学ぶことにしましょう。

中性脂肪は肝臓で作られる!皮下・内臓・血液中に存在

中性脂肪の主成分はトリグリセリドといい、体に欠かせない脂質のひとつですが、同じ脂質であるコレステロールと混同する人も多くいるでしょう。

細胞膜・ホルモンなどの原料になるのがコレステロール。中性脂肪は、体を動かすエネルギー源として働きます。

ただし、余ったものは細胞脂肪として体へ備蓄されていきます。スーパーに並ぶ牛肉や豚肉には、白い脂身がついていますよね?あれが中性脂肪の正体。

備蓄される細胞脂肪が増えるということは、体の脂肪率も増えるということ。いわゆる体脂肪が高い状態になるわけです。

また、それ以外にも内臓や血液中にも中性脂肪は存在しています。

中性脂肪が高いとどんな病気になる?高くなる原因は?

健康診断・人間ドックを受けた場合、中性脂肪は「TG」と表記されることが多く、基準値は50〜149mg/dlです。

もし、この基準値を上回っていると、動脈硬化・脂肪肝・急性膵炎などの疾患を発症する可能性が高くなります。

中性脂肪は食生活との結びつきが高いため、普段から高カロリーな食事をしていると、数値が高くなります。本来絶食すべき時間内に食事をすることでも、中性脂肪の数値が影響してきます。

また、糖尿病・ネフローゼ症候群などの疾患を発症していたり、甲状腺機能が低下している時にも数値が高くでることも。逆に基準値より下回った数値がでる場合には、甲状腺機能が強く作用しているか、栄養不足が考えられます。

中性脂肪の数値を下げるためには食事改善と運動

上がってしまった中性脂肪の数値を下げるためには、食生活の改善が何より大切。栄養バランスの整った食事を毎日規則正く摂ることが、いちばんの近道です。

夜遅くに食べることは避け、飲酒もほどほどに抑えましょう。安いからという理由で発泡酒を飲んでいる人も多いかもしれませんが、発泡酒よりはビールのほうが中性脂肪を下げる働きがありますよ。

魚に含まれるDHAやEPAは中性脂肪を下げる働きがあるのでオススメです。

また、適度な運動も心がけましょう。ジムで行うようなハードな運動でなくて構いません。エレベーターは使わず極力階段を利用する・一つ前の駅で降りていつもより長めに歩くなど、ちょっとした意識を行動に移すだけで、中性脂肪を減らすことにつながるのです。

男性と女性ではウエストをスッキリさせるダイエット法に違いはある?

男性と女性では、お腹まわりのダイエット法に違いはあるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、お腹周り・腰回りの贅肉をスッキリさせるためには、性別によってダイエット効果が違います。

しかも「スッキリとしたウエスト」に対するイメージは、男性と女性では異なるものだと思います。

ここでは、男女別のウエストダイエット法についてご紹介していきたいと思います。

男性と女性では腰回りの脂肪のつき方に違いがある

実は、男性と女性ではウエストにつく脂肪の種類が違うんです。

男性はにつきやすいのは、内臓のまわりにある内臓脂肪。女性につきやすいのは、皮膚の内側にある皮下脂肪。

この脂肪は、見た目も大きく左右させます。

皮下脂肪はウエストに限らず、下半身に満遍なく贅肉がつくのが特徴。でも内臓脂肪は内臓が集中しているお腹だけをポッコリさせるのが特徴なんです。

肥満=メタボと誤解している人が多いですが、メタボリックシンドロームは別名 内臓脂肪症候群と呼ばれ、内臓脂肪による肥満のことを指します。

高血圧・糖尿病など、複数の病気を併発する可能性が極めて高く、もし腹囲が基準値(男性85cm/女性90cm)を超えていたら、ただちに健康診断を受けて健康状態を注意深くみておく必要があります。

男性のウエスト痩せにぴったりなダイエット方法

さて、健康被害が懸念される内臓脂肪ですが、実は女性に比べると比較的落としやすい脂肪だったりします。

皮下脂肪に比べて内臓脂肪が燃えやすいこと。女性と比べ、筋肉量・基礎代謝量が多い男性はもともと消費エネルギーが大きいので、ちょっと運動するだけで、カッカカッカと内臓脂肪が燃やされていくのです。

そんな男性のウエスト痩せに有効的なダイエット方法は、ズバリ筋肉を鍛えること。腹筋をメインとした筋トレを2〜3日おきに行いましょう。

毎日行ったほうが効果的に感じますが実際は違います。筋トレによって破壊された筋肉は48〜72時間ほどかけてゆっくり修復し・増量します。よって、休息期間を設けずに筋トレするのは、あまり効率的とは言えないのです。

筋トレは休む時間が長くなると、鍛えられた筋肉が元の状態に戻ってしまうので、なるべく決まったサイクルで継続することが大切です。

筋トレを欠かさずに続けることができれば、ぽっこりお腹を解消するだけでなく、シックスパックと呼ばれるきれいに割れた腹筋を手に入れることだって夢ではありません。

筋肉をつきやすくさせるために、ササミ肉などのタンパク質を意識した食生活を心がければ、筋肉増量につながります。

女性のウエスト痩せにぴったりなダイエット方法

一方、皮下脂肪のついたウエストをスッキリさせるには、それなりの根気が必要です。

なぜなら、安全に赤ちゃんを妊娠・出産できるよう思春期から分泌される女性ホルモンが皮下脂肪をつきやすくさせているのです。

皮下脂肪はじっくり時間をかけてジワジワと蓄積されていくものですから、落とすためにもそれなりの時間が必要となります。

まずは体力をつけて基礎代謝をあげることが優先。基礎代謝をあげることができれば1日の消費エネルギー量をあげることができるので、そこからじっくりと皮下脂肪を落としていきます。

腹筋・スクワットなどの筋トレは控えめにして、有酸素運動をメインに励みましょう。皮下脂肪は、急激な減量をしてしまうと肌がたるんでしまうので、結果を焦らず、半年〜1年ほどの長い期間をかけて行うことが大切。

また、食事を見直すことも大切。脂肪がつきにくいヨーグルト・酢・アブラナ科の野菜を積極的に摂るようにしましょう。また、太りやすい白米やパンは玄米や全粒粉のパンに切り替えることで脂肪がつきにくくなりますよ。

唐辛子に含まれるカプサイシン・ショウガ・グレープフルーツ・海藻には、代謝をあげて体内脂肪の燃焼を促進する働きもありますので、ぜひ料理に取り入れていきましょう。

ほかの部位は痩せてもお腹まわりの贅肉だけ残ってしまうのはなぜ?

頑張ってダイエットして減量しても、足や腕は細くなったのに、肝心のお腹周りが全然変わらないってことありません?

これってどうしてなのでしょう?お腹周りの贅肉を部分的に落とすことはできないのでしょうか?

ダイエットでは脂肪が落としやすい部位から痩せていく

そうなんです。私たちの体には痩せやすい部位というものが存在します。具体的にいうなら

  • 手先・足先
  • 腕・ふくらはぎ
  • 二の腕・太もも
  • 胸・顔
  • お腹・お尻

という順番です。見ての通り、お腹は下から2番目に位置しています。

脂肪というものは本来、内臓を守るために存在しているもの。内臓に近いお腹・お尻は、ダイエットで簡単に痩せる部位ではないんです。

さらに恐ろしいことに、太りやすい部位というものも存在します。それはなんと上記の順位を逆転させればできあがり。

つまり、お腹周りは痩せにくく太りやすい部位というわけです。

代謝が落ちることでお腹周りに贅肉がつきやすくなる

また、加齢によって基礎代謝が低下してしまうことも考えられます。それまでと変わらぬ食事量でも、消費できるカロリーが減ってしまえば、消費できないカロリーが残り、贅肉という形で現れます。

贅肉がもっともつきやすいのは、お腹・お尻。でも、なにもせず放置していると、他の部位にもどんどん贅肉がつき始めてしまうので、食事制限・運動などして対処する必要があります。

では、お腹周りの贅肉に効果的な方法には何かあるのでしょうか?

お腹周りの贅肉を効果的に落とすには筋トレがいちばん

もっとも効果的な方法のひとつは、贅肉があるお腹周りに筋肉をつけることです。とはいえ、日常生活のなかではお腹周りの筋肉を使う機会はほとんどないので、意識的な働きかけが大切。

贅肉がでっぷりと乗ったお腹周り・腰回りには、ねじり運動(ツイスト運動)がもっとも有効的。

ねじり運動にはいくつか種類がありますが、体育座りした状態から上半身をひねる方法が、簡単で行いやすいと思います。

大きく息を吸ったあと、ゆっくり息を吐きながら、上半身をひねっていきますが、息はもう出せない限界まで吐き続けましょう。

息を全てを吐き出すことで、体が空っぽになって体を最大までひねって、筋肉を鍛えることができるのです。

もし運動するのが苦手なら、ツイストボード(テレビ回転盤のようなもの)やフラフープなどの道具を利用して、もっと手軽にねじり運動をすることもできますよ。

運動する時間が取れない・動くのがとことん苦手なら、ロングブレス(ドローイングという言い方も)という呼吸法も有効的。腹式呼吸を意識して、ゆっくりと息の続く限り吐き出すだけ。

これなら、通勤中・入浴中などのながら時間、またはスキマ時間でも実践することができます。1日に数回行うだけで、すぐに効果を実感できますよ。

炭水化物を控えめにする食事も効果的

また、食事においても炭水化物を極力抑えることも効果的。重要なのは炭水化物を取らないのではなく、控えめにするということ。

炭水化物を食べると、血糖値が上がってインスリンが過剰分泌されるので、太りやすくなると言われています。

でも、炭水化物を全く取らずにいると、筋トレの効果も落ちてしまいますし、頭もボーっとして働かなくなってしまいます。

なので、最低限の炭水化物は摂るようにしましょう。炭水化物は白米・うどん・パスタ・パンなどの主食に多く、いつもより20%ほど減らすだけで、十分ダイエット効果が得られますよ。

体脂肪率を下げるにはどうしたらいい?食事制限は必要?

体脂肪を減らせばそれだけスリムな体になれますので、常に低く抑えていきたいですよね。

でもついついお酒を飲みすぎたり、脂身の多い肉料理を食べてしまったり、体脂肪は増える一方です。

やはりここは適切な食事制限が必要になります。

中でも酵素ドリンクや生酵素を使った食事制限法がオススメなんです。

体脂肪はどうして付く?セルライトの正体も脂肪だった

ついつい脂肪と言うとお肉や油がそのまま体に溜まるイメージですが、実は炭水化物や甘いものも体脂肪に変わります。

消化された食べ物は糖に分解され、血液中に放たれます。

全身の細胞に糖は配達され、エネルギーとして使われて体の活動を支えてくれるんですね。

世の中で言うカロリーとは、この糖が持つエネルギー量(熱量)の事を指します。

摂取カロリーが多すぎると使い切れず、を脂肪に変えて脂肪細胞の中に貯金するんですね。

実は太ももやお尻にできたセルライトの正体も、この脂肪細胞なんです。

膨れた脂肪細胞が皮膚の外からでもわかってしまう状態なので、解消するには食事制限で脂肪を減らすのが有効です。

スリムな体や、つるんとした美しい太ももやお尻のためにも、体脂肪率は是非適切な値まで落としたいですね。

女性なら体脂肪率20〜28%を目標にダイエットしてみましょう。

食事を酵素ドリンクや生酵素に置き換えて体脂肪を落とそう

体脂肪を減らすのにオススメなのが、1食置き換えダイエットです。

酵素ドリンクや生酵素など、酵素の健康食品を食事の代わりに口にする方法が効果的なんです。

まず食事分のカロリーがそっくり浮いて、合理的に痩せていく事ができます。

しかし、ここまでは普通の食事制限の効果ですよね。

実は酵素ドリンクや生酵素をオススメする理由は、酵素のダイエットサポート効果にあるんです。

酵素ドリンク・生酵素は野菜や果物を発酵させた健康食品

酵素ドリンクや生酵素は、野菜や果物を発酵させた健康食品です。

生酵素はその中でも酵素を加熱しておらず、より効果が高いと言われています。

ビタミンやミネラルが豊富なため、食事の代わりに摂取しても栄養失調になりにくいのが特徴です。

酵素ドリンク・生酵素がエネルギー代謝を高める

食べ物を消化したりエネルギーを代謝する時、人間は酵素を消費します。

ただ消化酵素と代謝酵素は互いに融通できる事から、エネルギーを得る消化の段階で酵素を使い果たしてしまう事があるんです。

そうなるとエネルギーを得たはいいけれど、それを代謝する(使う)ための酵素が足りず太ってしまうんですね。

そこで酵素ドリンクや生酵素で酵素を補充すると酵素の量に余裕が生まれます。

エネルギー代謝にまわす酵素が増え、以前よりも体脂肪が落ちやすい体になるんです。

食事制限は基礎代謝を中心に考えよう

1食分の食事を酵素に置き換えたとしても、残り2食をドカ食いしては痩せる事はできません。

人間が生きているだけで消費する基礎代謝は、女性だと概ね1200kcalが目安です。

それに運動で消費するカロリーを加算すると、1日分の消費カロリーになります。

概ね基礎代謝を少しオーバーするくらいの食事制限をすれば、体脂肪の貯金が無理なく徐々に減っていくでしょう。

くれぐれも無理な食事制限はせず、酵素やほかの食事で栄養を補いながら健康に痩せたいですね。

腹筋だけ頑張ってもお腹はヘコまない!

お腹をヘコませたい!と思った時にまず考えるのが腹筋運動ですよね。

バリバリお腹に効いてる感じは「今ダイエットしてる!鍛えてる!」という充実感につながります。

でも実は、腹筋運動だけではくびれたウエストは作れないんです。

腹筋だけではヘコみとくびれは作れない!

足を立てて腕を頭の後ろに、体を起こして行うスタンダードな腹筋運動は筋トレの中でもおなじみですよね。

しかしこれはへそ下の筋肉を鍛えてお腹を前面をヘコませるだけで、全体的なウエストのひきしめには向きません。

もしお腹全体をひきしめてウエストをきれいに見せたいなら、お腹の脇の筋肉も鍛えるべきなんです。

お尻歩きトレーニングで腹斜筋を鍛えくびれを作ろう

お尻歩きの方法は簡単です。腕を組み、床に足を伸ばして座ります。

そのままお尻の筋肉のみで前に進み、往復でバックするだけです。

これを繰り返す事で、お腹横の横腹斜筋が鍛えられ、キュっと引き締まったウエストが生まれてきますよ。

筋トレと並行してダイエットも必要

筋トレはたしかに体をひきしめ、エネルギーが燃えやすくなる成長ホルモンを増やして痩せやすい体質につなげてくれます。

しかし脂肪の乗ったぽっこりお腹の場合、筋トレだけではなかなか理想のウエストに近づけない場合も多いんです。

並行して脂肪を減らすダイエットも必要なんですね。

酵素ドリンクや生酵素を生活に取り入れてダイエットサポート

酵素ドリンクや生酵素は、野菜や果物を発酵させて作った健康食品です。

人間は酵素をもともと持っていて、消化やエネルギー代謝に利用しています。

その酵素が不足すると、消化の段階で酵素を使い切ってしまいエネルギーの代謝がうまくいかなくなって太りやすくなってしまうんですね。

酵素ドリンクや生酵素で酵素を補充すると、エネルギーを代謝するための酵素が確保できて痩せやすい体質に変わっていくんです。

酵素ドリンクで1食置き換えるダイエット法もオススメ

酵素ドリンクはビタミンやミネラルが豊富なので、食事に置き換えるダイエットにもぴったりです。

朝ごはんを酵素ドリンクだけで済ませると、食事分のカロリーが浮いて合理的に痩せる事ができます。

さらに酵素の力で痩せやすい体質も手に入るので一石二鳥ですね。

ヘコんだお腹は筋トレとダイエット両方から実現しよう

このように、筋トレと酵素ダイエット両方でヘコんだお腹を目指す事ができるんですね。

酵素ドリンクのエネルギー代謝を促す効果は体力向上にも効果的なので、筋トレのお供にもピッタリです。

地道にコツコツ、美しいお腹とウエストを目指しましょう!