ほかの部位は痩せてもお腹まわりの贅肉だけ残ってしまうのはなぜ?

頑張ってダイエットして減量しても、足や腕は細くなったのに、肝心のお腹周りが全然変わらないってことありません?

これってどうしてなのでしょう?お腹周りの贅肉を部分的に落とすことはできないのでしょうか?

ダイエットでは脂肪が落としやすい部位から痩せていく

そうなんです。私たちの体には痩せやすい部位というものが存在します。具体的にいうなら

  • 手先・足先
  • 腕・ふくらはぎ
  • 二の腕・太もも
  • 胸・顔
  • お腹・お尻

という順番です。見ての通り、お腹は下から2番目に位置しています。

脂肪というものは本来、内臓を守るために存在しているもの。内臓に近いお腹・お尻は、ダイエットで簡単に痩せる部位ではないんです。

さらに恐ろしいことに、太りやすい部位というものも存在します。それはなんと上記の順位を逆転させればできあがり。

つまり、お腹周りは痩せにくく太りやすい部位というわけです。

代謝が落ちることでお腹周りに贅肉がつきやすくなる

また、加齢によって基礎代謝が低下してしまうことも考えられます。それまでと変わらぬ食事量でも、消費できるカロリーが減ってしまえば、消費できないカロリーが残り、贅肉という形で現れます。

贅肉がもっともつきやすいのは、お腹・お尻。でも、なにもせず放置していると、他の部位にもどんどん贅肉がつき始めてしまうので、食事制限・運動などして対処する必要があります。

では、お腹周りの贅肉に効果的な方法には何かあるのでしょうか?

お腹周りの贅肉を効果的に落とすには筋トレがいちばん

もっとも効果的な方法のひとつは、贅肉があるお腹周りに筋肉をつけることです。とはいえ、日常生活のなかではお腹周りの筋肉を使う機会はほとんどないので、意識的な働きかけが大切。

贅肉がでっぷりと乗ったお腹周り・腰回りには、ねじり運動(ツイスト運動)がもっとも有効的。

ねじり運動にはいくつか種類がありますが、体育座りした状態から上半身をひねる方法が、簡単で行いやすいと思います。

大きく息を吸ったあと、ゆっくり息を吐きながら、上半身をひねっていきますが、息はもう出せない限界まで吐き続けましょう。

息を全てを吐き出すことで、体が空っぽになって体を最大までひねって、筋肉を鍛えることができるのです。

もし運動するのが苦手なら、ツイストボード(テレビ回転盤のようなもの)やフラフープなどの道具を利用して、もっと手軽にねじり運動をすることもできますよ。

運動する時間が取れない・動くのがとことん苦手なら、ロングブレス(ドローイングという言い方も)という呼吸法も有効的。腹式呼吸を意識して、ゆっくりと息の続く限り吐き出すだけ。

これなら、通勤中・入浴中などのながら時間、またはスキマ時間でも実践することができます。1日に数回行うだけで、すぐに効果を実感できますよ。

炭水化物を控えめにする食事も効果的

また、食事においても炭水化物を極力抑えることも効果的。重要なのは炭水化物を取らないのではなく、控えめにするということ。

炭水化物を食べると、血糖値が上がってインスリンが過剰分泌されるので、太りやすくなると言われています。

でも、炭水化物を全く取らずにいると、筋トレの効果も落ちてしまいますし、頭もボーっとして働かなくなってしまいます。

なので、最低限の炭水化物は摂るようにしましょう。炭水化物は白米・うどん・パスタ・パンなどの主食に多く、いつもより20%ほど減らすだけで、十分ダイエット効果が得られますよ。